薄毛、特にAGAに悩む男性が重宝するプロペシアについて、その効果と副作用をご紹介します。そしてプロペシアと相乗効果を生み出すミノキシジルについても・・・。薄毛進行が進み手遅れになる前に!
目次

プロペシアで脱毛を止めて髪を守れ!

最近では男性型脱毛症を止めるための薬としてプロペシアという薬を処方する病院が増えてきました。プロペシアは、男性型脱毛症用の薬でAGA治療薬とも呼ばれており、一般名はフィナステリドといいます。AGA治療薬プロペシアアメリカのメルク社が開発し、もともとは前立腺肥大症を治療するための薬でした。それが男性の男性型脱毛症に効果があるとされ、後に男性型脱毛症の治療薬として世に出され、日本では2005年の12月から国内にて販売が開始されています。

このプロペシアという薬には、脱毛症を引き起こしている原因として考えられている、酵素の働きを抑制する効果があるといわれています。ですから、今まで酵素の働きによって、途中で成長が止まってしまっていた毛髪が、再びしっかりと成長していくことが予想されます。また、これまで途中で抜けてしまっていた毛髪の量が少なくなっていくので、脱毛の進行を防ぐという効果もあります。

ただし、プロペシアを服用することによって、すぐに髪の毛がたくさん生えてくるというわけではありません。理由としては、髪の毛には成長のサイクルというものがあり、今まで弱々しかった髪の毛が一度抜けて、新たに太い髪の毛が生えてくるまで時間がかかるからであるということが言えます。ですから、プロペシアを服用して徐々に、脱毛を促進していた酵素の影響を受けない髪の毛に変わっていくことになります。期間については個人差がありますから、どのくらいの期間で効果が現れるかということに関しては、一概には言えませんが、なかには3か月程度の期間でも効果が出る場合があります。

■プロペシアは処方箋なしでも購入できます
プロペシアを通販で購入

薄毛の原因や薄毛対策について

薄毛に悩む男性は年々増えていると言われており、世の中の男性の薄毛の人の多くはAGAと呼ばれる男性型脱毛症であると言われています。なぜAGAになってしまうのかということについては、現在まだはっきりと解明されたわけではありません。暴食男性ホルモンの一種である酵素の働きが原因の一つとなっていることがわかってきていますが、食生活の乱れやストレスなども薄毛の原因と考えられています。社会でのストレスにより薄毛が発症する事も在れば、欧米化の食生活、加工品を中心とした食生活、外食の機会が増え肉類を多く摂るなど、昔と比較すると生活スタイル全体が薄毛を呼び起こす要因とも言われており、AGAと言った脱毛症の症状を持つ男性も多くなっていると言います。

また、遺伝子による要因が強い脱毛症としても有名で、AGAがこうして注目されている要因としてはAGAは進行型の薄毛であり、そのままにしておくと全ての毛が抜け落ちてしまう恐れがあるからなのです。円形脱毛症などの場合は、そのままにしておいた場合、知らない内に治っていると言う事が在りますが、AGAは何もせずにいれば脱毛が進行してしまい髪の毛全体を失う事にも繋がると言う事です。

頭皮ケアを行う事も大切ですが、AGAの症状を持つのか否かは専門病院での検査を受ける事で明確となり、現在の進行具合に応じた治療法で薄毛を克服する事が出来るようになっています。尚、AGA治療は単に薬を服用して治療を受けるのではなく、現在の生活スタイルや食事などの見直しを行う事やストレスなどを抱えている場合には、ストレスを取り除く方法を見出すことが重要となります。

過労などでストレスを抱える事で薄毛の症状が悪化してしまう恐れがある事からも、仕事などに対する取り組み方についても検討する必要がありますし、毎晩大量にお酒を飲むと言う場合など、睡眠不足とアルコールと言った2つは薄毛を進行させてしまう要因でもあり、アルコールを控える事や睡眠時間を作る事も薄毛治療には大切です。

プロペシアとミノキシジルを併用で効果UP

プロペシアは、AGAの治療薬としてはとても有名です。そのため、プロペシアを服用すれば、薄くなった髪の毛がフサフサになるまで生えてくると考える人もいるでしょう。

しかし、プロペシアを飲んでいただけでは、髪の毛をフサフサになるまで生やすのは難しいです。効果は感じられますが、「前よりもマシになった」というレベルまでしか改善しないことがほとんどとされています。なぜ、服用してフサフサになるまで改善しないのかというと、プロペシアはAGAを予防するのが主な目的の薬だからです。抜け毛を予防してAGAの進行を食い止めることはできるので、まだ症状が進行していない人には有効でしょう。

しかし、AGAの症状がかなり進行している人は、効果は感じにくい治療薬です。ですが、プロペシアを服用したあとに外用薬のミノキシジルを使うと、AGAの症状が進行している人でもフサフサになることはできます。ミノキシジルは、プロペシアと違い発毛を促す効果が高い治療薬です。プロペシアでAGAの進行を食い止め、そこにミノキシジルの発毛を促す効果をプラスすれば、AGAに効果的な治療をできるというわけです。

この2つの治療薬は、それぞれ得意分野と苦手分野を補うことができる関係とされます。どちらか1つだけでは効果的な治療はできませんから、AGAを薬で治療するなら、2つの薬を使うようにしましょう。プロペシアを服用したあとにミノキシジルを頭皮に適量塗布していれば、AGAが進行して薄毛の状態の人でも、フサフサの髪の毛を取り戻すことは夢ではありません。効果があるとされている1つの治療薬に頼るのではなく、相乗効果を産み出す治療薬を併用するのがAGA治療を成功させるコツです。

ミノキシジルが含まれている治療薬や効果作用をもっと知りたい方は下記サイトで詳しく掲載されています。
発毛成分ミノキシジルの詳細情報を見る

関連記事はこちら