薄毛、特にAGAに悩む男性が重宝するプロペシアについて、その効果と副作用をご紹介します。そしてプロペシアと相乗効果を生み出すミノキシジルについても・・・。薄毛進行が進み手遅れになる前に!

AGAは放っておくと進行するので油断禁物

進行する薄毛AGAの原因として挙げられるの遺伝子の影響によりホルモンバランスが乱れる事、そして体内酵素の5α-還元酵素が男性ホルモンのテストステロンと結合し、変換されたDHTと言う強制脱毛ホルモンがヘアサイクルを乱す事で抜け毛が多くなると状況が起こります。ヘアサイクルと言うのは毛周期と呼ばれているもので、成長期、休止期、退行期の順に髪の毛はサイクルを繰り返し、退行期に入ると毛が抜け落ちる段階になるのですが、変換された強制脱毛ホルモンでもあるDHTは生え始めた髪の毛に対して、休止期に入るよう作用させる性質が在るため、髪の毛が生えて来ても成長する事は無く、細く短い段階で抜けてしまうため、進行型の薄毛とも言われています。

頭皮には大量の髪の毛が生えていて、フサフサの状態になるわけですが、正常な状態では退行期を迎えて毛が抜け落ちても、既に他の毛が生え始めており、常に成長と脱毛を一定周期の中で繰り返しているため、薄毛が生じる事はないわけですが、AGAの症状には生えて来た髪の毛を脱毛させると言う性質を持つ強制脱毛ホルモンの働きにより髪の毛が成長する前に抜けると言う事を繰り返してしまうため、最初は若干薄くなった状態の症状でも、そのまま何もせずに放置しておけば、抜け毛は進行する事になるため、髪の毛全てが抜け落ちてしまう可能性も高くなります。尚、AGA治療を専門に行う病院では患者さんの症状や進行具合などに応じて治療方法を定めて薄毛を克服する事が出来るようになっていますが、AGA治療と言うのは遺伝子検査や血液検査と言った症状を特定するための診断、そして医薬品の副作用および効果などを診断する事が重要と言われています。

▼ワンポイント情報
AGA症状に効果のある医薬品にプロペシア以外にも「フィンペシア」があります。「フィンペシアって効くのかな?」とお考えの方はリンク先のページをご参考ください。