薄毛、特にAGAに悩む男性が重宝するプロペシアについて、その効果と副作用をご紹介します。そしてプロペシアと相乗効果を生み出すミノキシジルについても・・・。薄毛進行が進み手遅れになる前に!

薄毛改善、抜け毛を抑えて発毛促進!

薄毛になる人の髪の毛の特徴としては、髪の毛が弱まっている状態にみえて、すぐに抜けてしまうということが多いという特徴があります。これは、髪の毛の成長にはサイクルがありますが、このサイクルが非常に早く終わってしまっているという状況であるということがいえます。なぜ、成長のサイクルがすぐ終わってしまうのかというと、成長を阻害している酵素が体の中にあるからであるからです。

そこで、その酵素を阻害する薬としてプロペシアと呼ばれる薬を服用することによって、薄毛を改善させることができるようになります。プロペシアを服用すれば、今まで髪の毛の成長サイクルのまだしっかりと髪の毛が成長する前の段階で抜けてしまっていた髪の毛が抜けにくくなるということが予想されます。そうなれば、徐々に抜け毛は少しずつ減っていき、頭部の状態も薄毛が目立たなくなっていきます。

このプロペシアを服用するには、まず一度病院に行って、自分がどのようなタイプの薄毛かを検査する必要があります。なぜならば、プロペシアに効果があるのはAGAと呼ばれる男性型脱毛症に対してであるからです。もし、ストレスが原因であったり、頭皮環境が原因であるならば、プロペシアを服用するのではなく、まずはそういった問題を解消することが大事になってきます。検査の結果、AGAであるということがはっきりすれば、恐らく病院などでプロペシアを処方されることになると考えられます。また、プロペシアと同時に、ミノキシジルという育毛に効果的な成分を含む育毛剤を処方してもらうことになると考えられます。現在のAGAの治療法としては、この2つを組み合わせた治療法が主流となっているからです。