薄毛、特にAGAに悩む男性が重宝するプロペシアについて、その効果と副作用をご紹介します。そしてプロペシアと相乗効果を生み出すミノキシジルについても・・・。薄毛進行が進み手遅れになる前に!

男だけではなく使える降下剤のAGA治療薬も知る

女性も男性の薄毛の原因であるAGAの症状を発することがあります。なにも男性にしか男性ホルモンがあるわけではなく、女性にも微量にあり、それは脱毛を促進させるホルモンに変化させ薄毛を進行させることがあります。薄毛で悩んでいる女性も多いですが、男性と同じように服用できないAGA治療薬があります。それはプロペシアです。

フィナステリドが含まれている医薬品は、服用はおろか触れることさえも禁忌されているのが女性です。妊娠していると胎児の性器に悪影響を与える可能性がありますので、一緒に暮らしている男人がプロペシア等のフィナステリド錠を扱っている場合は、管理を怠らないようにしなければなりません。よって女性のAGAは別のアプローチから男性ホルモンと対峙しなければならないことがわかるでしょう。女性ホルモンを増やすことで対処でき、そのような医薬品も専門クリニックで処方を受けることができます。

このように男人にしか服用できない医薬品もあるのがAGAですが、女性も使える医薬品もあります。それはミノキシジルです。この医薬品は発毛剤として使われており、頭髪の本数を増やすことに貢献します。ミノキシジルは血圧を下げる降下剤として使われていた経緯があり、その副作用として頭髪の量が増えたことから発毛剤として開発されました。これは女性も使用することができます。頭皮に塗布するタイプの外用薬になり、肌の刺激に弱い人が女性には多いですので、成分量を調整した製品も発売されています。女性が使えない医薬品から使用できるAGA治療薬がありますので、それらの区別をしっかりするためにも、最初は専門クリニックの力を借りるようにしてください。