薄毛、特にAGAに悩む男性が重宝するプロペシアについて、その効果と副作用をご紹介します。そしてプロペシアと相乗効果を生み出すミノキシジルについても・・・。薄毛進行が進み手遅れになる前に!

本気なら発毛に効果的な食べ物と食事方法を!

発毛に効果的な食べ物は豆類全般です。豆には豊富なタンパク質が含まれており、髪の毛の原料となります。特に大豆には良質なタンパク質、イソフラボンなどが含まれており、男性型の脱毛症にも役立ちます。イソフラボンは女性ホルモン様成分であり、いわば副作用のない女性ホルモンです。過剰な男性ホルモンを抑制するために役立つ成分なのです。大豆と相性のよい食べ物は唐辛子であり、キムチ鍋は特に発毛によいと言われています。唐辛子の辛味成分カプサイシンは、毛母細胞を活性化させます。辛いものを食べると発汗が促進され、毛穴から汗が流れ出てくるでしょう。その発汗作用により、毛穴の汚れが流れ落ちるわけです。汗を出すためには、何よりも毛穴が開いている必要があります。キムチ鍋に含まれる唐辛子と豆腐は、発毛のために理想的な食材なのです。

また、タンパク質の代謝を促進するにはミネラルが欠かせません。特に亜鉛は発毛に欠かせない成分として、育毛サプリなどにも含まれています。せっかくタンパク質を沢山摂取しても、それを髪の毛に変えていく能力を発揮できなければ意味がないのです。亜鉛は牡蠣に多く含まれていますが、毎日食べ続けるのは大変です。不足しやすいミネラルなので、亜鉛だけはサプリで補うのもいいでしょう。食事などで育毛が望めない場合にはプロペシアで男性型脱毛症を改善しましょう。野菜はなるべく多めに食べるようにしましょう。野菜は暴飲暴食を防ぐために役立つ食材なのです。食事の最初に食べておくことで、満腹感を促進して食べすぎを抑制します。特に肉類を沢山食べる方は、頭皮環境が悪くなりやすいので、多めの野菜を食べるようにしましょう。1日の目安量としては350g程度なので、スープや鍋物にして沢山摂るようにしましょう。サラダだけで350gを摂るのは容易ではありません。

発毛に効果的なサプリメントもあります。代表格といえば亜鉛とノコギリヤシでしょう。これらは副作用がないため、併用して飲むのがいいです。他の発毛サプリと併用しても問題ありません。ノコギリヤシは男性ホルモンを抑制する働きがあるので、男性型の脱毛症に効果的です。サプリメントは飲んで数日で体感できるものではありません。多くのサプリは3ヶ月以上を目安に飲むように勧めています。すぐに体感できるとアピールしている商品はあまり信用できません。薄毛を治すには体質から改善していく必要があるため、それには数ヵ月はかかって当たり前なのです。サプリを飲む時間帯には制限がありませんが、食後は吸収性が高まるのでおすすめです。発毛後もその状態を維持するために飲み続けるのが理想です。