薄毛、特にAGAに悩む男性が重宝するプロペシアについて、その効果と副作用をご紹介します。そしてプロペシアと相乗効果を生み出すミノキシジルについても・・・。薄毛進行が進み手遅れになる前に!

プロペシアの副作用で精力減退!?

プロペシアには、さまざまな副作用があります。主な症状としては、プロペシアは男性ホルモンの働きを抑える効果があるため、性欲の減退や勃起障害など男性機能全般に関する副作用です。薄毛を治療するために薬を飲んで、男性機能に影響が出るのは避けたい人がほとんどでしょうから、気になる副作用と言えるでしょう。しかし、EDの問題については、全体の0.7%と出現率も低くなっているため、深刻に悩むこともありません。確率としてはほとんどゼロに等しいので、副作用を感じることはないでしょう。ただ、プロペシアの服用を検討されている方は、クリニックに通う前に自分でも情報を調べていきますが、この際にEDとしての副作用について知ることにより、神経質になってしまう方もいるのです。プロペシアを飲むことにより、EDにならないかという心配が募ってくると、精神的なストレスによって男性機能に影響を及ぼしますので、神経質になることなく飲んでいくことが重要です。EDの副作用を防止したいときには、健康面のチェックを行ってくれるクリニックに通う必要がありますので、チェックの細かいクリニックについて調べておくとよいでしょう。また、日頃からプロペシアに頼り切りになってしまい、運動を行ったり食事の管理を行っておけないと、肥満をはじめとする体調の悪化を引き起こしてしまい、EDにもなりやすい状況になってきます。いくら薄毛に効果的と言っても、生活に気を使わなければ、頭皮だけではなく体全体の状況にも影響を与えることになりますので、普段から健康についての管理も行っておきましょう。

一方で、プロペシアには重篤な症状を引き起こす可能性がある副作用があります。その副作用とは、肝機能障害についてです。もともと肝機能障害を持っている人がプロペシアを服用すると、症状が悪化する恐れがあります。安全に服用するために、肝機能障害を抱えている人は、プロペシアを服用する前に主治医に相談しなければいけません。しかし、肝機能障害が悪化するのは、プロペシアに限ったことではありません。市販されている大衆薬の中にも、肝機能障害がある人が服用すると悪化する薬はあります。また、肝機能に問題がない人は、この副作用について必要以上に恐れることはありません。プロペシアを服用して肝機能障害を訴える人も、他の薬に比べて特別多く、危険性が高いとされているわけではありません。肝機能障害を抱えている人は細心の注意を払う必要はありますが、健康な人は気にする必要はないでしょう。いつもとは違うと感じたときには医師に相談するようにしましょう。医師に話を行うことにより、プロペシアの服用を中止したり、処方している量を抑えるなどの対策がとられることになります。